洗剤・水拭きからの解放!スチームモップが神すぎて、早く導入すればよかったと思った話。

体験談

購入検討のきっかけはダニ対策です。
畳部屋のダニを高温のスチームでやっつけようという。
ところがいざ使ってみると、もっと早く購入すればよかったと悔やむぐらいの仕事をしてくれました!

これまでの我が家の床掃除の方法

これまでは、ダイソンで掃除機がけをした後、ウェットタイプのフローリングシートで水拭きをしていました。
フローリングも畳も同じ方法です。
この度、このフローリングワイパーの作業をスチームモップに変えました!

フローリングワイパーをスチームモップに変えてよかった点!

  1. 汚れ落ちが段違い!(特に皮脂汚れ)
  2. 乾きの速さが段違い!
  3. 高温で除菌ができる!ダニ退治も。
  4. 洗剤も何もいらず、水だけでOK!節約・時短になる。
  5. 掃除した場所がサラサラになる!

汚れ落ちが段違い!

フローリングシートだと表面をさらっと拭いているような感覚で、ちょっとでもこびりつきがあるとワイパーでごしごししてもなかなか取れません…
スチームモップは多少がんこな汚れでも、軽く2〜3往復でもすれば落ちます!

特筆すべきは皮脂汚れの落ちが特に抜群なこと!
皮脂によるフローリングの曇りが無くなるので、ワックスはいらないかなーと思えるくらいになります。
ワックスの皮膜感が苦手な私にはありがたい…

乾きの速さが段違い!

フローリングシートや洗剤後に水拭きした後は、完全に乾くまでちょっと時間がかかります…
せっかく掃除したのにそのせいでペタペタするし…
でもスチームモップは高温なので、掃除した場所の水分が蒸発して一瞬で乾きます

高温で除菌ができる!ダニ退治も。

アルコールなどを使わなくても、高温で物理的に除菌ができるのがうれしい!
公式サイトによると99.9%除菌できるらしいです。

ダニが気になる畳は、高温スチームで退治した後に、再度掃除機をかけて死骸を回収しています。

洗剤いらず、水だけでOK!

我が家では、掃除には基本『水の激落ちくん』を使っていて、普通の洗剤は使っていません。

なので、2度拭きはいらないのですが、それでも水だけで掃除ができるのは節約になってうれしい!
床みたいな広い面積に使うとすぐなくなっちゃうので泣
普通の洗剤を使っていると、さらに仕上げの水拭きが必要になるかと思います。
それを考えると時短にもなります!

掃除した場所がサラサラになる!

洗剤やウェットフローリングシートで掃除した後はなんかペタペタする…
これが嫌いでどうにかならないかなと思っていました。
スチームモップをかけた後は、すぐに水分が蒸発してフローリングがサラサラに…!!
ちなみに、畳でやってもサラサラになります
歩いていて気持ちいいです♪

我が家で選んだスチームモップはこれだ!

『Light ‘n’ Easy SteamGo モップタイプ』です!
主なスペックはこちら。公式サイトからの情報です。

  • 重さ約1.8kg
  • 電源を入れてから20秒でスチーム発生
  • 100℃以上の高温ドライスチーム
  • 99.9%除菌
  • 畳もOK
  • 本体にコードホルダー付き

これにした一番の理由は、「畳OK」とはっきり明記してあったからです。
他のメーカーのものは畳に使っていいのかいまいちはっきりしなかったので…
比較した他商品よりコンパクトだったこともあります。

また、公式サイトの説明も知りたいことが明確だったので決め手になりました。
欲しい機能があるのかないのか、記載がなくて調べるのが面倒な商品は最初から除外してしまいました汗

Light’n’Easy スチームモップ ベーシックの使い方

タンクに水を入れます。
付属のカップを使うと入れやすいです!

水を入れたらしっかり蓋を締めます。

付属のマイクロファイバーパッドを取り付けます。
パッドの上にモップのヘッドを乗せるだけです。
これはぺらぺらの普通の雑巾みたいな感じなのですが、モップの先のマジックテープとくっついて固定されるようになっています。
なので普通の雑巾じゃダメっぽいです。

電源プラグをコンセントに差し込みます。
20秒くらい経つと準備ができるので、ハンドルを上下に動かすとスチームが発生します!
下の写真の持ち手の付け根部分がポンプみたいに上下します。
スチームが出たら、お掃除開始!

片付け
タンクの水は、ハンドルを上下させてもスチームが出なくなるまで使用してから片付けます。
電源プラグを抜き、コードを本体のコードホルダーにまとめ、冷めた後マイクロファイバーパッドを外して完了です!

マイクロファイバーパッドは洗濯機もOKですが、他の洗濯物と一緒にしたくないので私はもっぱら手洗いです汗

この商品は電源ボタンがなく、コンセントの抜き差しで管理します。
最初は困惑しましたが、電源の消し忘れが無くなるのでこの方が良いと思いました!

Light’n’Easy スチームモップ ベーシックの残念なところ

マイクロファイバーパッドのお値段がちょっと高く感じる点です。
最初から付属しているパッドは1枚。
説明書によると「約16から18回使用したら取り替え推奨」とありました。

私の場合はだいたい週1ペースで使っているので、1枚の試用期間がだいたい4ヶ月。

純正品のパッドは2枚で1,430円なので4ヶ月715円です。
4ヶ月で600円だと思うと高くはないのですが、雑巾に715円だと考えるとちょっと高く感じるかも…
しかも楽天公式ショップでは品切れしてるし汗
Amazonの方では在庫ありました!お値段もこっちの方が安いみたいです。

でもまあ、洗剤もいらないし、ワックスもいらないし、除菌できるし、ダニ退治できるし、この仕上がりでこの手軽さなのでいいかなと思っています!

公式サイトはこちらです!

SteamGo(スチームゴー)モップタイプ|アンドエレファント株式会社
フローリング、畳、バスルーム、玄関のタイルなど、広いフロアもこれ1台で清掃・除菌ができる、モップ型のスチームクリーナー
タイトルとURLをコピーしました