世界一高価なコーヒー『コピ・ルアク』を500円でお試ししてきた!

おいしいもの

2020年1月31日から2月2日まで、二子玉川ライズで開催されていた「コーヒーサミット2020」。出店している23のお店のコーヒーが無料で試飲、その場で購入できるというイベントでした。

その中で世界一高価なジャコウネコのコーヒー赤字覚悟の1杯500円で提供しているブースがあったので即購入!

思いがけずレアなコーヒーを味わうことができたので、レビューしたいと思います。

そもそも『コピ・ルアク』とは? 糞からとれる?!

名前の『コピ』はコーヒー。
『ルアク』はマレージャコウネコのインドネシアでの呼び名だそう。

つまり『ジャコウネコ・コーヒー』ですね♪

よく「ジャコウネコの糞からとれる」なんて説明をされる『コピ・ルアク』ですが笑
それよりも注目すべきは、ジャコウネコの体内で発酵させるという点だと思います。

ジャコウネコの腸内の細菌や酵素で発酵させることで、独特の香りや風味が出るそう。

インドネシアでは、マレージャコウネココーヒーノキの熟した果実を餌にあげるそうです。
その中の種のコーヒー豆の部分だけが消化されないで排泄されます。
その糞を綺麗に洗浄して皮をむいて(ここ大事!)、乾燥、焙煎すると『コピ・ルアク』の完成です!

発酵という工程のおかげで、カフェイン量は通常のコーヒーの半分くらいに減るらしいです。

世界一高価というけど、お値段は?

コーヒーサミット2020では『コピ・ルアク』を赤字覚悟、1杯500円で提供して下さった『函館 美鈴珈琲』さん。
通常だと1杯2,000円だそう…!!

調べてみたらAmazonや楽天でもいろんなお店から購入できるんですね。
値段は品質やお店によってピンキリのようです。

飲み比べていないのでなんとも言えませんが、本当にしっかり味わってみたいと思ったら、高くてもちゃんとしたコーヒー屋さんで飲んだ方がいいかもしれません。

実際に飲んでみた!味は?香りは

飲んだ瞬間とにかく華やか!という印象が強かったです。
コクのあるハーブティみたい!

フルーティな感じもするけど、まったく酸っぱくない。
苦くないけど、コーヒーらしい深みはある。
とても不思議な味でした!

函館 美鈴コーヒーさんの公式サイトはこちら

珈琲焙煎工房 美鈴
日本で初めて珈琲が飲まれたと言われる街、函館・横浜・神戸・長崎の元町。その中のひとつ函館で美鈴珈琲は 1932年(昭和7年)に鈴木商店として誕生しました。


タイトルとURLをコピーしました